笹和沙インタビュー

K.S

DESIGNER

デザイナー

2020~

04

04

K.S

DESIGNER

デザイナー

2020~

image2
今の仕事の内容を教えてください。
image6

私は3つの役割を兼任しているので、NEXTAの社長室長としては、社長の補佐役、参謀役、調整役として、その場、そのタイミングで必要な役割を担いながら、社長が社長業に専念する為、最大のパフォーマンスを出せるようにサポート、アシストしています。

 

人事部の開発課長としては、新入社員のフォローアップ研修や既存社員の能力開発の担当責任者として人材育成に携わっており、別で美容室事業の責任者も任されていますので、店舗開発や人材開発、マーケティングなど店舗展開型事業に必要な事業推進を行っています

仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください
image6

仕事の面白い部分は、“自分次第”で真っ白いキャンパスに自分のやりたい事(仕事)を自由に思い描く事ができるという部分かと思います。 よく決められた事や指示された事だけを淡々とやるのが好きだという人もいますが、それは楽なだけであって、本当に好きな事とは別だと思っています。

 

難しい部分は、逆に『自分次第』という部分です。 人間は自分がきると思った事しかできないし、できないと思った事はできないと思います。 理想と現実とのギャップが大きければ大きいほど人の悩みは大きくなりますが、このギャップをどうやって埋めていくのか?それを考える過程も難しくて面白い事の一つだと思います。

image2
image2
今はどんなことに力を入れていますか
image6

私は今も昔も人の才能や資質を延ばすという事に常にフォーカスし、人材育成に力を入れています。 日々自分の部下(後輩)や様々な事業責任者のリーダー陣と打ち合わせする機会が多いですが、皆さんその役割と立場を取り払った場合は一人の人間です。

 

組織上の職位や仕事で培ったスキルや技能というのはあくまでも後発的な部分であって、その土台には本人が生きて来た人間としてのパーソナルな履歴書があります。 ただ、以外と当の本人が自分の事を分かっていない事が多く、それが原因で悩んだり問題に直面している事が殆どです。 したがって、それを蔑ろにして人の本当のパフォーマンスは出せないと思いますので、まずは自分を『理解』する事の大切さを人材育成の過程などで社員達に伝えています。

今後どんな人と仕事したいですか
image6

今後というより、自分は昔から何かを目指している人と仕事がしたいと思っています。 これは仕事の事だけで無く、プライベートや趣味でも何でも良いと思っています。 何かを目指している人というのは、常に成長欲が尽きませんし話していてもプラスのエネルギーを持っていますので、こちら側もとても良い影響を受けます。

 

なので、NEXTA GROUPで働く仲間には『自分が何の為に仕事をしていて、何の為に生きているのか?』それを堂々と明確に胸を張って人に語れる社員でいて欲しいと、そう思っています。

image2
image10

今の仕事の内容を教えてください。
image6
image2

私は3つの役割を兼任しているので、NEXTAの社長室長としては、社長の補佐役、参謀役、調整役として、その場、そのタイミングで必要な役割を担いながら、社長が社長業に専念する為、最大のパフォーマンスを出せるようにサポート、アシストしています。

 

人事部の開発課長としては、新入社員のフォローアップ研修や既存社員の能力開発の担当責任者として人材育成に携わっており、別で美容室事業の責任者も任されていますので、店舗開発や人材開発、マーケティングなど店舗展開型事業に必要な事業推進を行っています

仕事の面白い部分、
難しい部分を教えてください
image6
image2

仕事の面白い部分は、“自分次第”で真っ白いキャンパスに自分のやりたい事(仕事)を自由に思い描く事ができるという部分かと思います。 よく決められた事や指示された事だけを淡々とやるのが好きだという人もいますが、それは楽なだけであって、本当に好きな事とは別だと思っています。

 

難しい部分は、逆に『自分次第』という部分です。 人間は自分がきると思った事しかできないし、できないと思った事はできないと思います。 理想と現実とのギャップが大きければ大きいほど人の悩みは大きくなりますが、このギャップをどうやって埋めていくのか?それを考える過程も難しくて面白い事の一つだと思います。

今はどんなことに力を入れていますか
image6
image2

私は今も昔も人の才能や資質を延ばすという事に常にフォーカスし、人材育成に力を入れています。 日々自分の部下(後輩)や様々な事業責任者のリーダー陣と打ち合わせする機会が多いですが、皆さんその役割と立場を取り払った場合は一人の人間です。

 

組織上の職位や仕事で培ったスキルや技能というのはあくまでも後発的な部分であって、その土台には本人が生きて来た人間としてのパーソナルな履歴書があります。 ただ、以外と当の本人が自分の事を分かっていない事が多く、それが原因で悩んだり問題に直面している事が殆どです。 したがって、それを蔑ろにして人の本当のパフォーマンスは出せないと思いますので、まずは自分を『理解』する事の大切さを人材育成の過程などで社員達に伝えています。

今後どんな人と仕事したいですか
image6
image2

今後というより、自分は昔から何かを目指している人と仕事がしたいと思っています。 これは仕事の事だけで無く、プライベートや趣味でも何でも良いと思っています。 何かを目指している人というのは、常に成長欲が尽きませんし話していてもプラスのエネルギーを持っていますので、こちら側もとても良い影響を受けます

 

なので、NEXTA GROUPで働く仲間には『自分が何の為に仕事をしていて、何の為に生きているのか?』それを堂々と明確に胸を張って人に語れる社員でいて欲しいと、そう思っています。

image10