NEXTAの真価

NEXTAのコアバリューはNEXTAの社員。一人ひとりの行動指針であり、私たちが何をすべきか、
どういう行動を取るべきかについて常に持つべき行動範囲です。NEXTAでは、この価値観の共有を徹底的に行うことが大切にします。

NEXTAの真価

NEXTAのコアバリューはNEXTAの社員。一人ひとりの行動指針であり、私たちが何をすべきか、どういう行動を取るべきかについて常に持つべき行動範囲です。NEXTAでは、この価値観の共有を徹底的に行うことが大切にします。

自らの最上価値に従い、素直に生きる。

人は仕事が好きであれば、決して雇われの身になる事はありません。
変わるのを待つのか、自ら未来を創造するのか。 自分の最上価値を分かっていれば、
より深く仕事に取り組む事が出来ます。 それは仕事の中身に関係なく、
その仕事についてどのように考えているかが生産性を決定するからです。
そして「人」は正解が無いからこそ、自らの意思が問われます。
NEXTAでは、入社前に誰もが必ず「問われること」があります。
「君は何がしたい?」新人であれ、仕事に対する考え・意見を常に求められます。
「人」と向き合うビジネスだからこそ、正解はありません。
だからこそ、一人一人が「当事者」として自ら考え抜き、
自ら行動を起こす事で創造的なイノベーションが生まれます。
NEXTAは、社員一人ひとりの“自分は何がしたいのか?”という想いの総和で成り立っています。

自らの最上価値に従い、
素直に生きる。

人は仕事が好きであれば、決して雇われの身になる事はありません。
変わるのを待つのか、自ら未来を創造するのか。 自分の最上価値を分かっていれば、より深く仕事に取り組む事が出来ます。 それは仕事の中身に関係なく、その仕事についてどのように考えているかが生産性を決定するからです。

そして「人」は正解が無いからこそ、自らの意思が問われます。 NEXTAでは、入社前に誰もが必ず「問われること」があります。 「君は何がしたい?」新人であれ、仕事に対する考え・意見を常に求められます。
「人」と向き合うビジネスだからこそ、正解はありません。 だからこそ、一人一人が「当事者」として自ら考え抜き、 自ら行動を起こす事で創造的なイノベーションが生まれます。

NEXTAは、社員一人ひとりの“自分は何がしたいのか?”という想いの総和で成り立っています。

NEXTAが求めている大切なこと

NEXTAがもとめている
大切なこと

maru2_02
maru2_05
maru2_08
maru2_11
maru2_02
maru2_05
maru2_08
maru2_11

コンサルタントに必要な基本的資質

consultan2
<b> Logical Thinking</b>

Logical Thinking

論理的思考力

20代から30代前半までの若手の中で、経営の経験を積んだ方は少数だと思います。またコンサルタントは、経営経験を売る仕事ではないため、コンサルタント採用では論理的思考能力などのポテンシャル が重要視されます。

communication-skill2
<b>Communication Skills</b>

Communication Skills

コミュニケーション能力

コンサルタントは、素晴らしいアイディアや解決策を提示する前にクライアントから好かれる、信頼される必要があります。 また、コンサルティングの場面においては、重要な交渉・打ち合わせも数多くあります。 そうした場面で交渉を優位に進める為にもコミュニケーション能力が必要です。

名称未設定-1
<b>Toughness</b>

Toughness

タフネス

クライアントからの依頼は自社では対応が難しい難易度が高い依頼がほとんどです。 そのため、コンサルタントの仕事は通常の仕事に比べて時間的・精神的負担が大きくなる傾向が強いです。また、経営者や役員など要求レベルの高い方からの依頼が多いため、すぐに解決策を導き出すことは困難な為、長時間勤務に対応できる体力、極度のプレッシャーがかかる場面においても前向きに対応できる。

professional-mind2
<b>Professional Mind</b>

Professional Mind

プロフェッショナルマインド

コンサルタントはクライアントの今後の方向性、事業継続の判断など重要な課題に関わるため、当然ながらプロフェッショナルとしての行動が求められます。 どんな場面でもあきらめない、クライアントの為に妥協しない、プロとしてのプライドを持つ、こうしたマインドが最後には何より重要です。

コンサルティングに
必要な基本的資質

01
<b> Logical Thinking</b>

Logical Thinking

論理的思考力

20代から30代前半までの若手の中で、経営の経験を積んだ方は少数だと思います。またコンサルタントは、経営経験を売る仕事ではないため、コンサルタント採用では論理的思考能力などのポテンシャル が重要視されます。

02
<b>Communication Skills</b>

Communication Skills

コミュニケーション能力

コンサルタントは、素晴らしいアイディアや解決策を提示する前にクライアントから好かれる、信頼される必要があります。 また、コンサルティングの場面においては、重要な交渉・打ち合わせも数多くあります。 そうした場面で交渉を優位に進める為にもコミュニケーション能力が必要です。

03
<b>Toughness</b>

Toughness

タフネス

クライアントからの依頼は自社では対応が難しい難易度が高い依頼がほとんどです。 そのため、コンサルタントの仕事は通常の仕事に比べて時間的・精神的負担が大きくなる傾向が強いです。また、経営者や役員など要求レベルの高い方からの依頼が多いため、すぐに解決策を導き出すことは困難な為、長時間勤務に対応できる体力、極度のプレッシャーがかかる場面においても前向きに対応できる。

047
<b>Professional Mind</b>

Professional Mind

プロフェッショナルマインド

コンサルタントはクライアントの今後の方向性、事業継続の判断など重要な課題に関わるため、当然ながらプロフェッショナルとしての行動が求められます。 どんな場面でもあきらめない、クライアントの為に妥協しない、プロとしてのプライドを持つ、こうしたマインドが最後には何より重要です。