WEBデザイナーの仕事内容

弊社のWebデザイナーの仕事内容をご紹介します。
個人の希望や時期によって多少変動しますが、以下のような業務を行っています。

●ワイヤーフレーム作成
●デザイン制作
●サイト構築
●バナー制作
●写真レタッチ
●運用・更新業務


ワイヤーフレーム作成

XdやPhotoshopを使用して、WEBサイトの構成やレイアウトを決め、ワイヤーフレームを作成します。
文章や写真はどこに配置するのか、見やすさ・使いやすさを考えながら配置を決めていきます。


デザイン制作

PhotoshopやIllustratorを使用して、ワイヤーフレームを元にデザインを制作します。
WEBサイトの配色、アイコンやロゴの配置、フォントの選定等を行います。


サイト構築

WordPressを使用して、制作したデザイン通りにWEBサイトの構築を行います。
HTMLでコーディングを行い構築する場合もありますので、HTML/CSSやJavaScriptの知識も必要となります。


バナー制作

PhotoshopやIllustratorを使用し、SNS等で配信するバナーを制作します。
限られたサイズの中で効果的にアピールできるよう考えてデザインします。


写真レタッチ

Photoshopを使用して、人物の肌のざらつきを滑らかに修正し、シミ、シワなども消します。
弊社では人物主体の制作物が多いため、DTPデザイナー・WEBデザイナー共に、コンスタントに行っている業務です。


運用・更新業務

メディアサイトの記事の更新、SNSの更新、自社のブログ記事の更新を行います。
他のデザイナーと手分けをして、こちらもコンスタントに行っています。


そのほかにも、クライアントから案件を受けた際には、提案書の作成や打ち合わせに出席することもあります。

社員の意思を尊重して仕事を進めていくので、これら以外の業務でもやりたいことに手を挙げてチャレンジできる環境です。
気になる方は是非ご応募ください!